A.I.R滞在記その16 スイーツパーティー

私たちの滞在期間は1ヶ月。その半ばも超え、共同生活のなかでそれぞれへの不満が小さく出始めた頃、シャーロットがスイーツパーティを計画しました。_ASN0313

_ASN0158

さり気ない気配りの天才でもある画家のシャーロット

サイレントデー前夜の金曜日、希望者が集合です。(結局全員揃いました)

ルイーズはブラウニー、ニッキーは・・と有志が続々手をあげスイーツの種類が増えました。ファビュラス!もちろん食べるだけの参加もOK。

_ASN0109

載せきれませんが8品ほどテーブルに!

_ASN0138

手作りもあれば持参品などみんなが参加

_ASN0167

_ASN0144

食べるだけの参加も歓迎

_ASN0103

_ASN0133

出来上がりを待つ大人男子二人 左は天文学系の著書を持つマイケル 右はスタッフのティーム

_ASN0204

明日からは挨拶も禁止の週末サイレントデーズ。黙々と制作に打ち込みます。おしゃべり大好きな彼らは今のうちにしゃべり倒します。

_ASN0238

二人組アーティストのドラアンドガボールはハンガリー出身。別れた場合の作品の権利はどうなるの、なんて話もしてました。。。

_ASN0215

お得意のケーキの一つや二つ、レパートリーであるのだな、、、と西洋の女子力について学びました。

_ASN0272

壁紙が宇宙なアートレスのダイニングキッチン。

_ASN0184

制作への悩み、焦り、共同生活への小さな不満。そんなネガティブな側面も緩和される、楽しく甘い夜が更けてゆきます。

 

2019年6月10日

(撮影は2019年1月)

 

 

A.I.R滞在記その15 アートランドトリップ

すがすがしい陽気ですが、再び雪中のレジデンス体験に話を戻します。

制作の合間に息抜きができるようスタッフは色々サポートしてくれます。今回は Nancy Holt (1938~2014 アメリカ)の「Up and Under」とAgnes Denes(1938,ハンガリー生まれ)の「Tree Mountain」を観に行きます。まずはArtelesスタッフ、イダのドライブで「Up and Under」のあるSasinitie 555,Pinsioへ。

_ASN0537

_ASN0598 トンネルは南北東西に向けられています。円形の空は新緑の季節にも見て観たい。

様々なイベントにも対応できる等に企画されたというアートオブジェ。

_ASN0543

死体??と慄くアーティスト(オーストラリア・カナダ)女子二人。しかし治安のいい国に住むイダは臆せず確認に行きます。

_ASN0557

_ASN0585 お尻で降下。お決まりです、大人だってやります。

 

次は舗装された雪深い道を歩き、いざアグネスディーンの「Tree Mountain」へ。環境問題に立ち向かうアーティストの先駆者の一人だそうです。

 

_ASN0644

パイナップルやひまわりに見られるというThe Golden Section(黄金比)を模して植林された作品とのこと。1996年国連環境計画とフィンランド環境省からの支援を受け、最終的には未開の森林を生み出すという目的で保護された土地に設計されたプロジェクトとウェブサイトにはあります。
_ASN0649

空中から見るとその幾何学模様がよくわかるらしいのですが

_ASN0663

頂上までいくの??

_ASN0668

密林で頂上感ゼロ。。。

_ASN0679

_ASN0684

帰ります。(これは作品ではありません)

 真理の表明や問いに人生をかけるアーティストの”業”は強い吸引力があります。

スクリーンショット 2019-06-01 12.39.58

西フィンランド

_ASN0522

イダ、運転ありがとう。外はマイナス13度でした。

2019年6月1日記載