Twitter(ようやく今更) 開設しました。

石橋を叩いて渡るタイプなので、時間がかかります。いや、あまり世の流れを気にしないのかもしれません。スクリーンショット 2020-01-22 23.35.10

 

告知など囁きます。

宜しくお願い致します。

記載日2020年1月22日

 

カテゴリー: blog

映画「パラサイト 半地下の家族」

日比谷の先行上映で見て来ました、韓国映画パラサイト。冒頭でポン・ジュノ監督が画面に映し出され、「絶対ネタをバラさないようにね」と釘を刺されます。そう言われると余計にムズムズしますよね。鍵になるのは、、、、。

182050

実はこのポスター上にもヒントがたくさん!

後半はやはり韓国映画らしい熱い展開が期待できます。私は暴力的な描写がとても苦手。韓国映画は好みではないシーンが多いけど、演出や構成が面白いからいつも観るべきか否か葛藤します。そういえば「オールド・ボーイ」(2004年公開 パク チャヌク監督)は最高でした。2度と観たくない(エグいシーンがあるから)ですけど。韓国ゾンビ映画「新感染」(2016年公開 ヨンサンホ監督)においては2度も観ました。

半地下を覗きに行ってみてください。

記載日2020年1月13日

青木野枝氏「霧と鉄と山と」府中市美術館

「鉄は内部に透明な光と持っている」(展示資料より)府中市美術館で開催の青木野枝さんの彫刻展「霧と鉄と山と」。リアルな作品群を初めて拝見しました。

_AGN6260武蔵美同級生による鼎談(陶芸家の安藤雅信氏、彫刻家の伊藤誠氏)もありました。自分が欲しいもの、みたいものを創るという青木氏。気心知れたご学友同士のトークはリラックスした雰囲気で、会場に笑いがよく起こっていました。彫刻学科は実はマッチョで軍隊のような学科だという話にも驚き。

_AGN6212

わがままを言えば、もう少し撮りやすい作品の撮影が許可が出ているとありがたい。でもきっと撮影NGには、理由や確信があるんだろうな。

2階には重いであろう鉄や石膏が軽やかなに佇んでいました。

_AGN6226撮影許可がある2作品です。
会場で設置して、会期終了後は作品は解体してしまう青木氏の展示。その営みが”彫刻”なのだそう。まさに一期一会の、不思議な時間を堪能しました。

府中市美術館 2020年3月1日(日曜日)まで

午前10時から午後5時(入場は午後4時30分まで)

記載日2020年1月 12日

謹賀新年 

新年明けましておめでとうございます。Happy New year! May this be a happy and fruitiful year.L20A0236

ブログに訪れて頂き有り難うございます。

皆様にとって喜びに満ちた美しい1年となりますように。Much peace,love and Joy to you alll in 2020. 

一つ一つの出会いや経験を大切にしていきたいと思います。また3月4日に初の作品集を出版します。

今年も宜しくお願い申し上げます。

2020年1月1日 写真家 清水朝子