映画  「決算!忠臣蔵」

かけ蕎麦一杯460円、出張経費いくら〜と現代の物価感覚に換算し経理部目線で追った「忠臣蔵」。「大石内蔵助が記した決算書を基に討ち入り計画の実像に迫る」(解説より引用)コメディ映画。結構物価が高かったんだなぁと思いながら、面白可笑しく拝観しました。

Unknown

 

不思議な現実味がありました。お城も「経営」なんだな、そこに沢山の「社員」がいて、それぞれ家族がいるのだと。

間延び感もありましたが、監督はコメディに徹したかったのかな。噂通り岡村隆史さん、とても良かったです。テレビで観る「岡村さん」はどこにもいませんでした。テロップに「千葉雄大」とあり、え?どこに。見つけた方がいらしたら教えてください。^^

2019年12月1日記載

 

映画「新聞記者」

平日の午後にも関わらず満席でした。

心に残るセリフがいくつもありました。

Unknown
過去の、実際のニュースが次々と思い出されてゆき、鑑賞途中から心臓がばくばく、震えがブルブルと始まる始末。

それぞれの「正義」がぶつかり合う、のではい。大胆な圧力をかける構図と仕掛けは、ぶつかり合いを超えて一方的な抹殺へ。勉強になります。

相手の伝えたいことに耳を傾け合える空間。最善の道を模索し合い、再び検証し修正していける社会はどこに。

この国は誰のものか、と思いました。

2019年7月8日記載