長野順子×清水朝子 二人展「インフィニティ」のお知らせ

下北沢ギャラリーHANAで銅版画家長野順子さんと展示を致します。

infinitydm_fixol_f

 

2年前だったでしょうか。長野さんの展示に私の方からお邪魔し、その緻密さと美しさ、世界の壮大さに息を呑みました。作品に顔を近づけたり離れてみたりしながら、一体彼女の世界はどこからやってくるのだろうと思ったものです。自然豊かな土地に棲み、日々その目で草木の再生、近隣の小さな生き物たちの観察をし続けている。営みの中の ”ささやき” が、彼女の耳には届くのかもしれません。実際、絵に描かれた次元を行き来しているのだろうと思うことがあります。私の作品も「視えない何かしらの」を意識しますが、自らの手で「不可視」を直接視覚化できる才能と、熟練の技術をもつ長野順子は私の憧れそのものです。
私たちは会うなり、何か一緒にやりましょうという話になりました。共に過ごした時間は無いに等しくジャンルも全く違うにも関わらず、です。表現の世界に生きる人間が感じる”喜び”、そこに通じ合えるものがあったのかもしれません。こんな体験は初めてでした。
「人間も悠久の時の流れの一粒」という順子さん。今回の総タイトルを私の作品「インフィニティ」からとりしましょうと提案してくれました。
お互いの作品がどのように融合し、反響し合うのか。会場に生じる密度が楽しみでなりません。
銅版画とはざっくりいうと銅が酸に溶ける性質を利用し、版の凹みにインクを詰めてプレス機をかけるのだそうで、このプレス機は大変に重いらしいのです。より巧みに表現の深みを与える”腐食”という技法はとてつもなく根気のいる作業でしょう。私はバライタ紙(ハロゲン化銀という感光乳剤を塗った紙)を現像液につけ込む作業を散々経験しましたが、複雑さや労力はこの行程の比ではないだろうと想像します。
清水の出展は「Infinity」シリーズより4点、そしてこの展示のために撮り下ろし始めた花の写真「せれんの庭」より8点ほど展示予定です。
::::::::::::::::::::::::::::::::
清水朝子・長野順子 二人展
「インフィニティ」
ギャラリー HANA
2021年6月19日(土)ー27日(日) OPEN 11:30-19:00 火曜休廊 / 最終日17時まで
〒155-0031 東京都世田谷区北沢3-26-2 下北沢駅 [小田急線 東口・京王線 中央口] 徒歩5分
自然に潜む神秘的な気配、瞳には写らないモノを写真で表現する清水朝子と、自然から着想を得て、空想上の世界を再構築する銅版画家・長野順子による二人展。清水は、今展のタイトルともなった「Infinity」シリーズを主体に、撮り下ろしの花のシリーズを発表する。長野は、絶え間なく「続いてゆく」自然の営みに触れる中で生まれた作品を、新旧織混ぜて出品する。写真と銅版画、異なる技法と感性で表現活動を続けるニ人だが、共に幻想的な美しい作風でも知られている。
初共演となる今展、それぞれの作品に潜む普遍的なテーマにも、写鏡のように共有する部分が多い。二人が織りなす新しい世界にご期待ください。
(Gallery HANA オーナーより)

記載日 2021年6月12日

せれんの庭

花のシリーズを撮り始めました。まさか自分が花を撮るようになるとは思わなかったです。花の名前が分かるような粋なニンゲンでもなく、とにかく名も覚えられないタイプ。

しかし、この小さな花々を覗き込むと、これはなんとも不思議で魅惑的な小宇宙が垣間見れます。あなたはこんなにも素敵だったのか、気が付かなくてごめん、と。

a-1522

こちらをクリックするとインスタに。(作品はこちらにアップ)

_AR32443 16.00.13

これらの写真は、小サイズで6月のギャラリーHANA(下北沢)にて展示予定です。

息を呑む造形美。足元にも美と神秘が満ちています。

大きなプリントで展示してみたいです。

記載日 2021年5月4日

My Lieca Story

ライカストアジャパンMy Leica Storyでインタヴューをして頂きました。

ライカとの出会い、撮影のことなどお話しさせていただいております。

スクリーンショット 2021-04-26 21.55.32

語りました。素敵に撮ってくださったのはYuyaKoikeさん

ご高覧頂けると幸いです。

 

記載日 2021年4月26日

(Instagram、Twitterの方はもう少し頻繁に何かしらアップしています)

ライカGINZA SIX 清水朝子写真展 「空にむかって 地へ向けて」開催

清水朝子写真展「空にむかって 地へ向けて」が3日よりライカ銀座シックスにて始まります。

「地球全体の一部である私たちは、思考と感情のなかに生きる私たちでもあり、この間合をてんびん秤のように揺れています。時に天地から厳しい仕打ちを受け、時に自分の思考で自分を苦しめなくていいと慰められる。幻視か幻聴か、自然に身を横たえたときに感じた息遣い。この惑星で生きることの精神的な探求を3つのシリーズ、「Finding a Pearly Light」(山形 )「Silence Awareness Existence」( Finland ), 「Storyteller」から抜粋します。」

L1006397

写真展 概要
作家:清水朝子
タイトル:空にむかって 地へ向けて
期間:2021年2月3日(水)~5月25日(火)
会場:ライカGINZA SIX
東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 5F  Tel.03-6263-9935  10:30–20:30 入場無料 LeicaSTOREJapan公式サイト

在廊日はツイッターにてお知らせさせて頂きます。清水朝子twitter

ありがたいことに3ヶ月以上の長い展示です。1日も早く、皆様にとって心穏やかな日々となりますように。

記載日2021年1月31日

 

森岡書店さんで”新人店番”(期間限定)

拙著、清水朝子初作品集「Finding a Pearly Light」展を開催している森岡書店(東銀座)。一時は中止の方向に向かいましたが、ガイドラインを確認しつつ展示会を開催しております。

ドアオープン換気消毒密避けのもと、静かに東銀座で開店しております。お店にいるとささやかながらユニークなことがいろいろと起こります。そこでツイッターに #森岡書店 ”期間限定新人店番ニッキ”としてつぶやくことにしました。基本的にフルタイム”勤務”で、私の非在廊時間もtwitterでお知らせさせて頂きます。

 DSC_0785~3

先日は話なれてないがゆえに、前半カチカチだった自身初インスタライブ。次回は2021年1月14日17時、再び森岡書店様インスタアカウントより配信させていただきます。第2回目は1月14日午後7時から1時間。ゲストはプリンティングディレクター 熊倉桂三氏(山田写真製版所)です。本作り、特に印刷や写真集つくりのポイントや熊倉さんのお仕事哲学を中心に伺う予定です。

_AGN7340~2

所在地:〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目28-15 鈴木ビル 電話:03-3535-5020

清水朝子初作品集「Finding a Pearly Light」展

会期:2021年1月8日(金)~17日(日)回廊時間:13:00~19:00  休:12日(火)

*森岡書店インスタライブ  1月14日(木) 午後7時ゲスト:プリンティングディレクター 熊倉桂三氏(山田写真製版所)

記載日2021年1月12日

 

森岡書店 清水朝子初作品集「Finding a Pearly Light」展

時短、換気消毒に努め開店します。

森岡書店

所在地:〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目28-15 鈴木ビル 電話:03-3535-5020

清水朝子初作品集「Finding a Pearly Light」展

会期:2021年1月8日(金)~17日(日)回廊時間:13:00~19:00  休:12日(火)

*森岡書店インスタライブ  1月14日(木) 午後7時ゲスト:プリンティングディレクター 熊倉桂三氏(山田写真製版所)

在廊時間はtwitterでお知らせさせて頂きます。(基本的に全日在廊予定です)

スクリーンショット 2021-01-09 10.38.072021年1月9日記載

 

明けましておめでとうございます。

2021年がみなさまにとって健やかで幸多き1年となりますように。

Happy New Year!   Peace Love Health  2021

思いやりに満ちた世界となりますように。

12080200794

 

今年もよろしくお願い申し上げます。

2021年元旦 写真家 清水朝子 Asako Shimizu

 

 

展示のお知らせ 森岡書店  清水朝子初作品集「Finding a Pearly Light」展 

この度、東京・銀座の森岡書店にて、2006年から2019年までの6作品、9つの散文を加えた初作品集「Finding A Pearly Light」、及び限定15冊のスペシャルボックス、一部のプリント作品の展示、販売を致します。2006年制作「On Her Skin」で地球の”吐息”を感じた私は、この惑星で生きることの精神的な探求を軸に模索してきました。理想の地を探すように彷徨った「Infinity」(ポルトガル 2009)、森羅万象と思考にフォーカスした「Storyteller」(2012 – 2018)、思念という不可視なものが、現存する社会を形にして生み出すのだと考え、そのアイコンとしてシャボン玉を工場夜景に飛ばした「Portraits without a Face」(2013 – 2017)。真理や叡智、それはきらびやかに出る輝きではなく内にこもった光「葆光」(岩波文庫「荘子」参照)に出合い、簡単に手に入る答えは答えではないと思うようになります。葛藤と共に歩んだ流れが自然と一つに束ねられていき「Finding a Pearly Light」(山形, 2018) や「Silence Awareness Existence」(Finland, 2019)が生まれました。それらを収めた1冊と、柔らかく且つ力強い6点の銀塩プリントとの空間を楽しんでいただければと思ます。  清水朝子

スペシャルボックス サイン付き写真集+限定プリントセット ed 15

スペシャルボックス サイン付き写真集+限定プリントセット ed 15


作品集仕様 出版社 kukuibooks
ハードカヴァー・A4変形 120ページ 日本語・英語 初版限定ナンバリング ed 300

asakobook3

森岡書店

所在地:〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目28-15 鈴木ビル 電話:03-3535-5020

清水朝子初作品集「Finding a Pearly Light」展

会期:2021年1月8日(金)~17日(日)回廊時間:13:00~19:00  休:12日(火)

*森岡書店インスタライブ 9日(土)17時~ ゲスト:プリンティングディレクター 熊倉桂三氏(山田写真製版所)

在廊時間はtwitterでお知らせさせて頂きます。

2020年12月21日記載

 

「〜という言葉に出会った」を英語で調べたところ

「〜という言葉に出会った」。この”出会う”を英語でなんというかと調べたところ、無かった。findで済むそうだ。私たちは頻繁に擬人化した表現を使うが、この場合英語ではシンプルに「見つける」になる。

なぜだろうと思った。

実は西洋圏の方々は『ボクかキミか』という見方をなさる。敵か味方か、善か悪か、天使か悪魔かとなる。大雑把な話ではあるが、基本的な物の見方が二元性から来ている。そこに浸かって日々生きている。これは私の大発見ではなく、鈴木大拙をはじめ以前から指摘される方がいらっしゃる。残念ながらこの物の見方の大きな違いはあまり認識されていないと思う。

ワタシかアンタかの二元性が行き過ぎると「〜でなきゃいけない」という”こうあるべき”という思考パターンから世界を捉えようとする。これには一つややっこしさがまとわり付く。軋轢と批判が生じるのだ。SNSはよくそういうお祭りのような喧嘩騒ぎが起きている。やがては言い出した方も苦しくなる。

言葉に出会う、と表現する日本語圏で育った私たちは、無自覚に多元の世界で生きている。私たちは対峙せず、包み込んで物事を見る癖があるのではないか。森羅万象という表現、これを西洋の方に説明するのはなかなか難しい。あらゆるものを丸く包み込む感覚と、世界は二分している感覚、互いの真髄に流れているものがどうも違うからだ。

私たちが得意とする曖昧さ、これが良い方に動くと寛容さになる。悪い方に動けば、、、それはあなたのご想像に委ねる。(二分性の思考はまずは自分が世界の中心にくるので、自己肯定感が高くなるという利点があり、西洋人にはそのタイプが多い気がするがそれはさておき)

とはいえ寛容でいることは楽ではない。力強い、わかりやすいリーダーに”あっちへいけ、こっちへいけ”と言われた方が心労は減る。少なくともワタシは楽な方がいい。

それがまかり通らない世情となってきたのだから始末に置けない。寛大であれ?!優等生や聖人になることはない、少なくとも私には無理だ。ならば”仙人”はどうだろう。まずは空を見上げて、胸を広げ、風を感じてみる、か。

L1040356

記載日2020年4月30日

落款「葆光」

一昨年、友人の書家小林俊弘先生より落款を頂きました。お願いした文字「葆光」が彫られた一生物。制作過程で出会ったこの言葉は、キラキラとしない、奥底から心中のように淡く光ることを指すようで、荘子が真理や叡智をイメージで表現したそうです。”簡単に手に入る答えは答えではないのだ”という気付きに悶々としていた頃です。_AGN0072発売中の雑誌「日本カメラ」5月号FHOTO&TALKのテキストで市川泰延氏が拙作についてこう記して下さいました。「清水さんの作品に共通しているのは、仄かな光の存在感だ」。6作品の終章に掲載した「Finding a Pearly Light」(2018年制作)はまさにそこにリンクした作品。前作「Storyteller」も葆光への歩みを予感させています。

L1006346

「Finding a Pearly Light」(2018年制作)

広島在住の、教師でもある小林さんは写真撮影もお好き。自ら撮影した美しくミニマルな風景写真に、ご自身の書を印されます。遊び心満載の作品は優しさと愛に溢れています。私が担当したSONY仔犬カレンダーを送った時のお礼と言って彫ってくださったのですが、海老で鯛を釣ったようで恐縮。この印はスペシャルボックスバージョンに押されています。

記載日2020年4月26日