L1002555 L1005966 L1002080 L1004375
L1004848-2 L1003090 L1000048 L1003036
L1000392 L1002295 L1003313 L1004387
L1000368 L1000376 L1006445 L1005789
L1000346-2 L1002101 L1001965 L1000090
L1000372 L1002993 L1005821 L1003141
L1003063 L1001881 L1001977

Portraits without a Face
(2013 ~ 2017)

あなたの顔を覗き込むと

薄眼を開けて迷惑そうに

いや眩しそうに見上げ

また瞼を閉じた

 

ほんの1ヶ月前まで

羊水に浮かんでいた

その様子を聞きたいが

酸素世界の不便さに当惑しているのか

不機嫌極まりない

 

ところでこんな不思議なことが

当たり前に起こっている

太古の昔からお腹の中で人間が創られる

 

人は無垢な瞳と言うが、私にはそう見えない

キミらは一様に哲学的だ

 

 

キミの目覚めはいつから

 

意識という厄介者が住み着いただろう

魂という覚醒が生まれただろう

 

それはどうやら宇宙の秘密

だから君は泣くことしか出来ないのか

その神秘を打ち明けられないように

 

ニンゲンはこの世でいろんなもの創る

 

君はその手で何を創るのかな

解説

夕暮とともに、工場地帯は昼間とまた違う様相を現します。
明確な目的と人の意思によって作られた構造物。
その美しく無機質な佇まいを観ながら、
私たちはどこに向かってゆくのだろうという思いがありました。

常に何かを意識し、未来に向かう。

人々の思いや夢が社会に大きく関わります。
そこで世界を形成する私たちの「意識」という概念を、
光り浮遊する玉という形にのせました。
一切のデジタル修正加工を入れず、
シャボン玉を飛ばし、
フラッシュを使うというオーソドックスな撮影方法で制作しています。

制作撮影地:神奈川 三重 茨城 静岡 千葉 新潟 岩手 福島