長野順子×清水朝子 二人展「インフィニティ」のお知らせ

下北沢ギャラリーHANAで銅版画家長野順子さんと展示を致します。

infinitydm_fixol_f

 

2年前だったでしょうか。長野さんの展示に私の方からお邪魔し、その緻密さと美しさ、世界の壮大さに息を呑みました。作品に顔を近づけたり離れてみたりしながら、一体彼女の世界はどこからやってくるのだろうと思ったものです。自然豊かな土地に棲み、日々その目で草木の再生、近隣の小さな生き物たちの観察をし続けている。営みの中の ”ささやき” が、彼女の耳には届くのかもしれません。実際、絵に描かれた次元を行き来しているのだろうと思うことがあります。私の作品も「視えない何かしらの」を意識しますが、自らの手で「不可視」を直接視覚化できる才能と、熟練の技術をもつ長野順子は私の憧れそのものです。
私たちは会うなり、何か一緒にやりましょうという話になりました。共に過ごした時間は無いに等しくジャンルも全く違うにも関わらず、です。表現の世界に生きる人間が感じる”喜び”、そこに通じ合えるものがあったのかもしれません。こんな体験は初めてでした。
「人間も悠久の時の流れの一粒」という順子さん。今回の総タイトルを私の作品「インフィニティ」からとりしましょうと提案してくれました。
お互いの作品がどのように融合し、反響し合うのか。会場に生じる密度が楽しみでなりません。
銅版画とはざっくりいうと銅が酸に溶ける性質を利用し、版の凹みにインクを詰めてプレス機をかけるのだそうで、このプレス機は大変に重いらしいのです。より巧みに表現の深みを与える”腐食”という技法はとてつもなく根気のいる作業でしょう。私はバライタ紙(ハロゲン化銀という感光乳剤を塗った紙)を現像液につけ込む作業を散々経験しましたが、複雑さや労力はこの行程の比ではないだろうと想像します。
清水の出展は「Infinity」シリーズより4点、そしてこの展示のために撮り下ろし始めた花の写真「せれんの庭」より8点ほど展示予定です。
::::::::::::::::::::::::::::::::
清水朝子・長野順子 二人展
「インフィニティ」
ギャラリー HANA
2021年6月19日(土)ー27日(日) OPEN 11:30-19:00 火曜休廊 / 最終日17時まで
〒155-0031 東京都世田谷区北沢3-26-2 下北沢駅 [小田急線 東口・京王線 中央口] 徒歩5分
自然に潜む神秘的な気配、瞳には写らないモノを写真で表現する清水朝子と、自然から着想を得て、空想上の世界を再構築する銅版画家・長野順子による二人展。清水は、今展のタイトルともなった「Infinity」シリーズを主体に、撮り下ろしの花のシリーズを発表する。長野は、絶え間なく「続いてゆく」自然の営みに触れる中で生まれた作品を、新旧織混ぜて出品する。写真と銅版画、異なる技法と感性で表現活動を続けるニ人だが、共に幻想的な美しい作風でも知られている。
初共演となる今展、それぞれの作品に潜む普遍的なテーマにも、写鏡のように共有する部分が多い。二人が織りなす新しい世界にご期待ください。
(Gallery HANA オーナーより)

記載日 2021年6月12日

せれんの庭

花のシリーズを撮り始めました。まさか自分が花を撮るようになるとは思わなかったです。花の名前が分かるような粋なニンゲンでもなく、とにかく名も覚えられないタイプ。

しかし、この小さな花々を覗き込むと、これはなんとも不思議で魅惑的な小宇宙が垣間見れます。あなたはこんなにも素敵だったのか、気が付かなくてごめん、と。

a-1522

こちらをクリックするとインスタに。(作品はこちらにアップ)

_AR32443 16.00.13

これらの写真は、小サイズで6月のギャラリーHANA(下北沢)にて展示予定です。

息を呑む造形美。足元にも美と神秘が満ちています。

大きなプリントで展示してみたいです。

記載日 2021年5月4日

My Lieca Story

ライカストアジャパンMy Leica Storyでインタヴューをして頂きました。

ライカとの出会い、撮影のことなどお話しさせていただいております。

スクリーンショット 2021-04-26 21.55.32

語りました。素敵に撮ってくださったのはYuyaKoikeさん

ご高覧頂けると幸いです。

 

記載日 2021年4月26日

(Instagram、Twitterの方はもう少し頻繁に何かしらアップしています)

ライカGINZA SIX 清水朝子写真展 「空にむかって 地へ向けて」開催

清水朝子写真展「空にむかって 地へ向けて」が3日よりライカ銀座シックスにて始まります。

「地球全体の一部である私たちは、思考と感情のなかに生きる私たちでもあり、この間合をてんびん秤のように揺れています。時に天地から厳しい仕打ちを受け、時に自分の思考で自分を苦しめなくていいと慰められる。幻視か幻聴か、自然に身を横たえたときに感じた息遣い。この惑星で生きることの精神的な探求を3つのシリーズ、「Finding a Pearly Light」(山形 )「Silence Awareness Existence」( Finland ), 「Storyteller」から抜粋します。」

L1006397

写真展 概要
作家:清水朝子
タイトル:空にむかって 地へ向けて
期間:2021年2月3日(水)~5月25日(火)
会場:ライカGINZA SIX
東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 5F  Tel.03-6263-9935  10:30–20:30 入場無料 LeicaSTOREJapan公式サイト

在廊日はツイッターにてお知らせさせて頂きます。清水朝子twitter

ありがたいことに3ヶ月以上の長い展示です。1日も早く、皆様にとって心穏やかな日々となりますように。

記載日2021年1月31日

 

森岡書店さんで”新人店番”(期間限定)

拙著、清水朝子初作品集「Finding a Pearly Light」展を開催している森岡書店(東銀座)。一時は中止の方向に向かいましたが、ガイドラインを確認しつつ展示会を開催しております。

ドアオープン換気消毒密避けのもと、静かに東銀座で開店しております。お店にいるとささやかながらユニークなことがいろいろと起こります。そこでツイッターに #森岡書店 ”期間限定新人店番ニッキ”としてつぶやくことにしました。基本的にフルタイム”勤務”で、私の非在廊時間もtwitterでお知らせさせて頂きます。

 DSC_0785~3

先日は話なれてないがゆえに、前半カチカチだった自身初インスタライブ。次回は2021年1月14日17時、再び森岡書店様インスタアカウントより配信させていただきます。第2回目は1月14日午後7時から1時間。ゲストはプリンティングディレクター 熊倉桂三氏(山田写真製版所)です。本作り、特に印刷や写真集つくりのポイントや熊倉さんのお仕事哲学を中心に伺う予定です。

_AGN7340~2

所在地:〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目28-15 鈴木ビル 電話:03-3535-5020

清水朝子初作品集「Finding a Pearly Light」展

会期:2021年1月8日(金)~17日(日)回廊時間:13:00~19:00  休:12日(火)

*森岡書店インスタライブ  1月14日(木) 午後7時ゲスト:プリンティングディレクター 熊倉桂三氏(山田写真製版所)

記載日2021年1月12日

 

森岡書店 清水朝子初作品集「Finding a Pearly Light」展

時短、換気消毒に努め開店します。

森岡書店

所在地:〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目28-15 鈴木ビル 電話:03-3535-5020

清水朝子初作品集「Finding a Pearly Light」展

会期:2021年1月8日(金)~17日(日)回廊時間:13:00~19:00  休:12日(火)

*森岡書店インスタライブ  1月14日(木) 午後7時ゲスト:プリンティングディレクター 熊倉桂三氏(山田写真製版所)

在廊時間はtwitterでお知らせさせて頂きます。(基本的に全日在廊予定です)

スクリーンショット 2021-01-09 10.38.072021年1月9日記載

 

展示のお知らせ 森岡書店  清水朝子初作品集「Finding a Pearly Light」展 

この度、東京・銀座の森岡書店にて、2006年から2019年までの6作品、9つの散文を加えた初作品集「Finding A Pearly Light」、及び限定15冊のスペシャルボックス、一部のプリント作品の展示、販売を致します。2006年制作「On Her Skin」で地球の”吐息”を感じた私は、この惑星で生きることの精神的な探求を軸に模索してきました。理想の地を探すように彷徨った「Infinity」(ポルトガル 2009)、森羅万象と思考にフォーカスした「Storyteller」(2012 – 2018)、思念という不可視なものが、現存する社会を形にして生み出すのだと考え、そのアイコンとしてシャボン玉を工場夜景に飛ばした「Portraits without a Face」(2013 – 2017)。真理や叡智、それはきらびやかに出る輝きではなく内にこもった光「葆光」(岩波文庫「荘子」参照)に出合い、簡単に手に入る答えは答えではないと思うようになります。葛藤と共に歩んだ流れが自然と一つに束ねられていき「Finding a Pearly Light」(山形, 2018) や「Silence Awareness Existence」(Finland, 2019)が生まれました。それらを収めた1冊と、柔らかく且つ力強い6点の銀塩プリントとの空間を楽しんでいただければと思ます。  清水朝子

スペシャルボックス サイン付き写真集+限定プリントセット ed 15

スペシャルボックス サイン付き写真集+限定プリントセット ed 15


作品集仕様 出版社 kukuibooks
ハードカヴァー・A4変形 120ページ 日本語・英語 初版限定ナンバリング ed 300

asakobook3

森岡書店

所在地:〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目28-15 鈴木ビル 電話:03-3535-5020

清水朝子初作品集「Finding a Pearly Light」展

会期:2021年1月8日(金)~17日(日)回廊時間:13:00~19:00  休:12日(火)

*森岡書店インスタライブ 9日(土)17時~ ゲスト:プリンティングディレクター 熊倉桂三氏(山田写真製版所)

在廊時間はtwitterでお知らせさせて頂きます。

2020年12月21日記載

 

Sony Xperia1Ⅱのインフォマーシャルに出演しました。

Sony Xperia1Ⅱのインフォマーシャルに出演させて頂きました。

スクリーンショット 2020-07-23 9.32.34昨年αミラーレスカメラに動物瞳AF(オートフォーカス)が搭載されたのです。ピントを開放値、つまりソニーGマスターレンズのボケを生かした柔らかな描写で撮影しても、目にはしっかりとピントが決まるようになりました。その上高速連写で追える為、いい表情のシャッターチャンスを収める効率が上がりカレンダー撮影の効率はぐんとアップしたのです。スクリーンショット 2020-07-23 9.35.48

その機能がXperiaに入ったのです。その驚きを語らせていただきました。操作に関することはこちらでより詳しく→Xperia瞳AF

ZEISS(ツァイス)レンズによる画像も美しいのでカメラを持って行くのが億劫な散策時にも安心です。ソニーらしいパキッとした描写感を感じます。

撮影裏話をすると、普段「オートフォーカス」と言わずにAF、「エーエフ、エーエフ」と発音する為2度も(いやもっとだったかも。。)NGを出しました。その為か、やや不自然に「どーぶつ瞳おーと、ふぉぉかすっ」と口走り、動画を見た妹に「お姉ちゃん、なんか言わされてる感がある」と指摘されました。

「日本カメラ」5月号 拙著を紹介して頂きました。

「日本カメラ」2020年5月号は”もう一度行ってみたい!最高の旅景”特集。拙著「Finding a Pearly Light」を「PHOTO&TALK」にて取材を頂きました。テキストはベテラン井上康延さん。拙著の歩みや制作についてまとめてくださっています。

_AGN9548

_AGN9551

イラストも可愛い

カヴァーと巻頭が佐藤健寿さんの『WUNDER』から始まります。人間て凄い、面白いとゾクゾクさせる圧巻のあの傑作。付録本「カメラで英会話」も嬉しいです。「左側に詰めてください」は”Squeeze to the left,please.” squeezeを使うなんて知らなかった!

読み応えがあります。ご興味のある方は是非。

記載日2020年4月20日

清水朝子作品集 「Finding A Pearly Light」について

この本は2006年から2019年までの6作品と9つの散文を、時系列にせず、眺めていると魂が安らぐような本を作ろうとまとめました。地球という彼女の呼吸を感じた私は、やがて森羅万象や同じ星に生きた賢者の呼吸に目を向けます。本のしなり感にこだわり、美しい印刷でリラックスしながらどのページからもめくれるようにしました。

「彼女のため息にも似た、ちょっと辛そうな吐息が聞こえてきた(本文より)」

2006年1月、出版社社員だった私は休暇を得て、一人南米ボリビアにあるウユニ塩湖へ向かいます。きっかけは90年代後半に見たガイドブック、そのコラム欄にある小さなモノクロ写真でした。水平線と雲が万華鏡のように反射している風景が心から離れなかったのです。ここで撮影されたのが「On Her Skin」(2006)。30代半ばになっても自分の作風が掴めていなかった私は焦っていましたが、ハッセル500CMを構えていると中央から二人が歩いてくる。偶然で幸運の授かりものでした。同時に五感が感じます。地球がなんだか息苦しそうだと。それは”彼女”の表面を闊歩するニンゲンが関係していることは確かで、まだ知られていない観光地だったウユニ塩湖にも、訪問者が捨てたティッシュが大地に溶けず残っていました。

「その静寂に私は理想を求めた。未熟な幼い理想を(本文より)」

そこで、私は以前、天国があるとしたらこんなところではないだろうかと感嘆した地へ向かいます。小雨が降る肌寒い冬の朝、美しい馬が佇んでいました。ここで作品「Infinity」(ポルトガル 2009)を制作したのち私は、より苦しくなります。世界では絶え間なくいろんなことが起こっているのです。なぜだろう。私の興味は自分たちヒトのあり様に関係する見えないもの、”意識”や”想念”に向かいます。

「言葉を授かり、思考に包み込まれたとき、遠くなった彼らのささやき(本文より)」

あれこれと考えて精神が疲れていた時期、森羅万象と思考にフォーカスした「Storyteller」(日本 2012 – 2018)を、同時進行でやはり思念という不可視なものが、現存する社会を形にして生み出すのだと考え、工場夜景をバックにシャボン玉を飛ばす「Portraits without a Face」(日本 2013 – 2017)を制作します。七色の光玉には”今”を作り上げてきた人々へ敬意も込め、浮遊する魂のような意味も含めました。

「曖昧さと不確かさ、矛盾の重さ、薄墨色に唸る波が見える(本文より)」

撮影という行為は、肉体的なリアリティがあります。重い、寒い、面倒、時間も費用もかかる云々。しかしこれがよかった。制作の実務的な疲労感や仕事場で起こる緊張感は、問いかけを繰り返すほどに頭でっかちになることを抑制してくれました。相反したように思考から解き放たれる瞬間、または不可視なものの密度が集約される瞬間が撮影中に起こります。森羅万象に頼ることで想定を越えたカットを授かる。作為を超えた作為に人間の頭だけではどうにもならない歯痒さの発見もあります。

「セイギとセイギがぶつかり合う 激しく胞子がまきあがる(本文より)」

2014年頃「葆光」なる言葉に出合いました。「あるが如く無きがごとき光」である葆光は、外にきらびやかに出る輝きではなく、内にこもった光をいいます。(岩波文庫「荘子」)真理や叡智を例えるとされ、2300年ほど前のアジアの哲学者荘子が言い表したものです。ここで私は簡単に手に入る答えは答えではないことにも気がつきました。そこから「Finding a Pearly Light」( 山形, 2018)や「Silence Awareness Existence」( Finland, 2019)が生まれました。

この13年の流れが自然と一つに束ねられてゆき、多くの方々のご協力を得てできた初作品集、ここに上梓させていただきました。

 

清水朝子 拝

Asako Shimizu Works_cover_small3

 

2020年3月16日記載